読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大東亜戦争ここに甦る

戦略論 書評 戦争論

 第二次世界大戦、日本は負けた。その分析を徹底的に行うのが筆者小室直樹の言う反省であり、今後の我々の指針に必要なことだということだ。とかく日本人は歴史研究をしない。これが、決定的にダメな点であるということだ。
 真珠湾攻撃マレー沖海戦、インド洋海戦、日中戦争等を題材に、さまざまな『たれれば』のシュミレーションを展開されていて、興味深かった。
 しかし、ぜんぜん僕は第二次大戦を知らないなぁと思った。もっと学ばなければいけないと思った。