SLOW FLOW WORLD ~ecological and embodied mind~

つれづれに書いています。

曜変天目と失われた世界

昨日の土曜日、天気は快晴。

午前は、ルーチンの子どものスイミング同行と自分のヨガ・ピラティス

午後は、MIHO MUSEUMに行き、曜変天目を見に。

まさに、内側に広がる宇宙。

絵画とは違う工芸。

奈良国立博物館のも見たくなった。

模様が同じものはない。

唯一無二のもの。

手作りの頃は当たり前だったことが、工業化でそうでなくなって。

それは、壊れたら、治すでなく、交換することになって。

だから、芸術は唯一無二なものだから、魅かれるのかな。

工芸品は、見るというより、使うものであって、使用感が出てくるから、ますます味が出てくるんだろうな。

まあ、良いものが見れて、よかった。

 

今日は、コナンドイルの『失われた世界』を読む。

チャレンジャー教授、味ありすぎや。いや、めっちゃ豪快な人。

まだ、前半部なのだが、恐竜が南アメリカにいるという設定なのか。

未知との遭遇

いや、失われた世界がそこにある。

発見するのか。

続きが楽しみ。