SLOW FLOW WORLD ~ecological and embodied mind~

つれづれに書いています。

数学ブックトーク2017秋 in恵文社

昨日は、久々に数学ブックトークに、恵文社に行った。

12時前くらいに、一乗寺に着いた。

まずは腹ごしらえを。「つばめ」という食堂にいき、定食と珈琲を。

とても美味しかった。豚の揚げ物、ぱりぱりとした歯ごたえで、美味。

食後のコーヒーもとても美味。

 

それから、恵文社により、30分ほど本を見る。『日本的感性』、『戸籍と無戸籍』を買う。前者は佐々木健一著で、『美学への招待』がとても気になって、買わなかったけど、ひっかかった人だったので、買うことに。後者は、今年のサントリー学芸賞取った作品で、気になってて、しかも初版だったので、購入することに。

 

久々の恵文社。久々だったからか、なんだかわからないけど、面白かった。魅力的な本がたくさん。

 

そして、お目当ての数学ブックトークに。

今回で何回目になるかな。

2015年5月に来て以来、1回休んだだけで、結構来てると思う。

数学だけに限らない、様々な本を紹介するライブみたいな感じ。

今回は、『リーマン』の話が熱かった。

数学的な話を聞いたのは初めてかも。

複素平面多様体、いろいな言葉、概念が出てきて、とても刺激的。

 

また、養老孟司氏の『遺言』も紹介され、読んでみたくなった。

当然ながら、現代思想の『リーマン予想のすべて』を購入して帰った。