読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語と数 思想思考 語と数 思想思考

 昨日、橋爪大三郎著の「はじめての言語ゲーム」(講談社現代新書)を滋賀県大津市にあるショッピングモールにある本屋で購入した。さっそく、昨日の晩から今日にかけて読んでみた。全体的な感想としては、言語ゲームが何なのかということが分かったような分からないようなというフワフワした感じだ。僕は、橋爪氏には大学時代からシンパシーを持っていたので、橋爪さんの本は何冊か読んでいるが、まだまだ理解できない部分が多い。