『海馬』と同じ著者が『進化しすぎた脳』というものを読んだ。脳が身体を規定しているのではなく、身体が脳を規定しているという新鮮だった。